ホーム事業紹介事業トピックス企業局重大ニュース > 平成29年企業局重大ニュース

平成29年企業局重大ニュース

サモア独立国への専門家派遣

2月~3月|水質管理事務所

 前年、前々年に引き続き、平成29年2月2日から3月4日まで、JICAによる大洋州技術支援プロジェクトの一環で、水質管理分野の専門家として水質管理事務所の職員1名をサモア独立国へ派遣しました。
 今回の主なテーマは、サモアにおける水質年報の作成や水質検査結果の浄水処理へのフィードバック、水質検査に係る内部研修の体制構築等でしたが、一定の成果を上げることができたものと考えています。
 今後とも派遣を継続し、サモアの水道事業の発展に貢献できればと考えています。

名護浄水場粉末活性炭注入設備及び粉末活性炭接触池供用開始

3月|久志浄水管理事務所

粉末活性炭接触池及び粉末活性炭注入設備棟

新設活性炭注入設備

 
 名護浄水場では近年、水源地においてカビ臭が発生するため、仮設の粉末活性炭注入設備により、カビ臭対策を行っていました。
 平成29年3月より供用開始した、粉末活性炭注入設備及び粉末活性炭接触池の稼働により、処理水量に対する粉末活性炭注入量の調整が自動で制御できるようになり、より安全で安心できる水道用水の供給ができるようになりました。

大湾小水力発電施設供用開始

4月|建設課

建物全景

水力発電機

 

 沖縄県企業局では、環境負荷低減の一つとして、小水力発電等再生可能エネルギーの有効活用に積極的に取り組むことを環境方針として掲げており、北谷浄水場導水管路の有効落差を活用するため、西原浄水場、石川浄水場に続き、発電出力320kWの発電機を備えた新たな小水力発電施設を読谷村大湾地区に建設し、平成29年4月から供用開始しました。
 同施設は、喜名調整池から嘉手納合流弁室までの約51mの高低差を利用して発電を行い、CO2排出量削減に役立っています。また、経済産業省 資源エネルギー庁から再生可能エネルギー発電設備認定を受けており、固定買取制度にて発電電力を電力会社へ売電しています。

水道GLP更新認定

5月26日|水質管理事務所

 沖縄県企業局水質管理事務所は、水道水質検査の精度と信頼性を保護するために、(公社)日本水道協会から「水道GLP認定 水質検査機関」として認定を受けておりましたが、技術力の高さ及び信頼性向上に向けた取り組みが評価され、平成29年5月26日付で認定の更新が認められました。また、6月1日には日本水道会館において認定証授与式が行われました。

認定及び更新の経緯
•平成21年5月 認定の取得 全国で49番目、沖縄県内では初めて
•平成25年5月 認定の更新
•平成29年5月 認定の更新

 認定の取得から中間審査、更新を通して、水質管理事務所が正確な検査を実施する体制や技術力を持つことが認められています。
 平成23年には石川浄水場の新しい試験室に移転し、これまで以上に充実した体制を整えました。水質管理事務所は、これからも水道GLPに基づく正確な検査を実施することで安全な水道水の供給に寄与していきます。

 

水道広域化に向け粟国島の施設整備工事に本格着手

6月30日|建設課

粟国浄水場遠景

ろ過設備撤去

 
 沖縄県企業局では、水道広域化として沖縄本島周辺離島8村(粟国村、渡名喜村、南大東村、北大東村、渡嘉敷村、座間味村、伊平屋村、伊是名村)へ水道用水を供給することとしています。
 広域化の第一段として平成29年度末の粟国村への給水開始に向けて、平成29年6月に粟国浄水場送水ポンプ改良等の施設整備工事に本格着手しました。

阿嘉島で可搬型海水淡水化装置稼働

10月6日|配水管理課

 梅雨明け以降の少雨傾向により座間味村阿嘉・慶留間地区の水源であるウタハ堰が枯渇する恐れがあることから、座間味村は沖縄県水道災害相互応援協定に基づき可搬型海水淡水化装置の貸与を沖縄県企業局に要請しました。
 沖縄県企業局では、座間味村の厳しい水事情等を踏まえて、可搬型海水淡水化装置の貸与を決定し、阿嘉島への搬送・設置を経て、平成29年10月6日から装置が稼働し、安定的な給水を行っています。

○可搬型海水淡水化装置について

寸法 長さ6.0m×幅2.4m×高さ2.6m (20フィートコンテナ)
重量 約5,000kg(乾燥質量)、水充填時は約5,800kg
処理能力 200m3/日×1台(1台で阿嘉島1日の配水量を賄うことが可能)
お問い合わせ
総務企画課(総務班)
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
TEL: 098-866-2803
FAX: 098-866-2819
お問い合わせフォームへ
Adobe Readerをダウンロードする

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ