ホーム沖縄県企業局について企業局からのお知らせニュースリリース(公表) > 企業局における有機フッ素化合物の検出状況について

企業局における有機フッ素化合物の検出状況について

県民のみなさまへ

 有機フッ素化合物(PFOS等)が北谷浄水場の水源である比謝川や嘉手納井戸群において、他水源と比較して高濃度で検出され、浄水からも検出されています。
 PFOS等の毒性、人体への影響については、まだ明確になっておらず、日本の水道では水質基準値は定められておらず、要検討項目として位置づけられています。米国環境保護庁では、平成28年5月にこれまでの暫定健康勧告値200ng/L(PFOS)以下を生涯健康勧告値として70ng/L(PFOSとPFOAの合計値)以下に改正しています。
 北谷浄水場のPFOSとPFOAの合計値は平均で35ng/L程度でありますが、米国の改正を受け、当面の対策としてPFOS等濃度の高い水源からの取水を停止しているところであり、今後は、PFOS吸着効果を高めるため、北谷浄水場の粒状活性炭を取り替えることにより、安全な水道用水の供給に万全を期したいと考えております。

※PFOSとPFOA
 有機フッ素化合物とは、炭素―フッ素結合を持つ有機化合物の総称で、いくつかの種類があり、PFOSとPFOAはその一種です。
 これらの物質は撥水剤やフッ素樹脂の製造等で広く使用され、環境中で分解されにくく、蓄積性を有しています。
 PFOSについては、平成21年に「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」で製造・使用・輸出入が制限されています。また、我が国においても平成22年に、「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」において、第一種特定化学物質に指定され、ある特定の用途以外での製造・使用・輸入が禁止されました。

 

沖縄県企業局有機フッ素化合物検出状況(2016年11月16日)
 
位置関係図
位置関係図
お問い合わせ
配水管理課(配水班)
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
TEL: 098-866-2810
FAX: 098-866-2811
お問い合わせフォームへ
Adobe Readerをダウンロードする

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ