ホーム沖縄県企業局について企業局からのお知らせニュースリリース(公表) > 企業局水源地における有機フッ素化合物の検出状況について

企業局水源地における有機フッ素化合物の検出状況について

最終更新日:2016年4月7日

県民のみなさまへ

 有機フッ素化合物とは、炭素-フッ素結合を持つ有機化合物の総称で、数種類ありますが、その中でPFOSと呼ばれる物質が企業局北谷浄水場の水源である比謝川や嘉手納井戸群において、他水源と比較して高濃度で検出され、浄水からも平均で30ng/Lが検出されました。
 PFOSの毒性や人体への影響については、まだ明確になっておらず、日本の水道水質基準には設定が無く、要検討項目に留まっています。海外では、アメリカの水道の暫定健康勧告値として200ng/L以下、ドイツでは健康関連指針値として300ng/L以下と設定されており、北谷浄水場の30ng/Lという濃度は安全性に不安があるレベルではないと考えています。
 

記者発表資料

位置関係図

位置関係図

有機フッ素化合物検出状況

お問い合わせ
配水管理課(配水班)
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
TEL: 098-866-2810
FAX: 098-866-2811
お問い合わせフォームへ
Adobe Readerをダウンロードする

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ