水量

 各水量直近10年度分の推移はご覧のとおりです。

日平均取水量(年度別・水源別)

(単位:千㎥)

年度 ダム
貯留水
(a)
河川水
(b)
地下水
(c)
海淡水
(d)
ダムへの
補給
(e)
トンネル充水
及び排水量
(f)
合計
a+b+c+d-e+f
平成18年度 311.4 94.6 27.2 6.8 0.8   439.2
平成19年度 335.5 72.2 27.3 5.0 0.0 -0.2 439.7
平成20年度 315.0 80.6 22.5 15.5 0.5 0.1 433.2
平成21年度 292.7 94.0 24.2 22.5 0.4 0.0 432.9
平成22年度 324.0 72.5 31.3 4.0 0.0 0.0 431.9
平成23年度 338.2 61.8 29.8 5.0 0.3 0.0 434.4
平成24年度 350.7 47.4 32.0 3.2 0.4 0.0 433.0
平成25年度 341.6 61.6 28.1 7.2 0.8 0.0 437.8
平成26年度 354.4 52.9 28.0 3.3 0.3 0.0 438.2
平成27年度 357.1 61.6 21.5 3.1 0.1 0.0 443.2

※数値は、端数処理のため一致しないことがあります
 

平成27年度の水源別日平均取水量
 

※グラフ上の河川水の数値は、上記の河川水からダムへの補給量を差し引いたものです

水源内訳(平成27年度時点)

ダム 国管理ダム(福地・新川・安波・普久川・辺野喜・漢那・羽地・大保・金武)、
県管理ダム(倉敷)、局管理ダム(山城)
河川水 北部河川、中部河川
※西系列河川は、大保ダムや倉敷ダムに注水されるため、北部河川に含まない
地下水 嘉手納井戸群、湧水等
海淡水 海水淡水化施設
補給水 豊水時に局管理ダムに貯留

水源に関する記録

  • 我部祖河川は、平成16年3月から取水開始
  • 羽地ダム(国管理ダム)は、平成17年4月から取水開始
  • 大保ダム(国管理ダム)は、平成23年4月から取水開始
  • 金武ダム(局管理ダム)は、平成23年5月に施設廃止
  • 金武ダム(国管理ダム)は、平成26年4月から取水開始

日平均送水量(年度別・浄水場別)

(単位:千㎥)

年度 名護
(a)
旧石川
(b)
石川
(c)
北谷
(d)
西原
(e)
合計
a+b+c+d+e
平成18年度 11.5 127.6 - 161.1 119.0 419.2
平成19年度 10.9 122.0 - 160.1 122.5 415.4
平成20年度 11.5 119.4 - 162.6 118.4 412.0
平成21年度 11.1 116.4 - 167.5 118.1 413.1
平成22年度 10.5 121.0 - 163.2 118.5 413.2
平成23年度 10.4 120.3 116.3 157.7 120.9 415.1
平成24年度 10.9 - 136.2 147.8 121.3 416.2
平成25年度 11.7 - 139.5 145.4 122.7 419.4
平成26年度 11.0 - 139.9 142.6 123.3 416.8
平成27年度 11.9 - 143.7 144.2 123.4 423.2

※数値は、端数処理のため一致しないことがあります

平成27年度の浄水場別日平均送水量

平成23年度における石川浄水場の取扱い

  • 石川浄水場は、平成23年11月17日から供用を開始し、旧石川浄水場は平成23年12月8日に施設を廃止しました。
  • 平成23年11月17日から12月8日の間は、両浄水場を併用しています。
  • 平成23年度の両浄水場の稼働日数は、次のとおりです。
    • 旧石川浄水場稼働日数:252日(平成23年4月1日から平成23年12月8日)
    • 石川浄水場稼働日数:136日(平成23年11月17日から平成24年3月31日)
  • なお、平均送水量は、両浄水場の稼働日数平均とししたため、全一致していません。
Adobe Readerをダウンロードする

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ