サモア独立国

 JICAによる大洋州技術支援プロジェクトの一環で、水質管理分野の専門家として、水質管理事務所の職員1名をサモア独立国へ派遣しています。

平成28年度

 平成29年2月2日から3月4日までの約1ヶ月間、水質管理分野の専門家として水質管理事務所の職員1名をサモア独立国へ派遣しました。
 水質検査技術の継承に必要な内部研修制度の確立や浄水場の水質管理に関する指導を行い、サモアの水質管理体制強化に貢献しました。
 

平成27年度

 前年に引き続き、平成28年1月21日から2月20日まで、水質管理事務所の職員1名をサモア独立国へ派遣しました。
 今回の主なテーマは、サモアの水質検査計画の見直し及び浄水施設運用方法の適正化でしたが、今後も派遣を継続し、サモアの水道事業の発展に貢献していきます。
 また、平成28年2月4日から平成29年9月25日の期間で、水源地での水質検査及び水質データの統計分析等のため、青年海外協力隊の一員として同国資源・環境省へ職員1名が派遣されています。

平成26年度

サモア派遣

 平成27年2月11日から3月15日まで、水質管理事務所の職員1名をサモア独立国に派遣しました。
 適正な塩素注入量の算定に関する標準作業手順書の作成等、サモアの水質管理体制強化に貢献しました。

Adobe Readerをダウンロードする

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ