ホーム沖縄県企業局について企業局からのお知らせニュースリリース(公表) > 県管理倉敷ダムの水質検査の実施について

県管理倉敷ダムの水質検査の実施について

 倉敷ダムにおいて不発弾及びドラム缶等が発見されたことに伴い、令和4年2月14日以降、倉敷ダムの取水を停止しています。このたび、ダム管理者によるダムの安全確認が完了したとの発表を受け、取水再開に向けた水質検査の実施についてお知らせします。

経緯

2月14日

 倉敷ダム管理所及び県河川課からドラム缶等発見の報告を受け、倉敷ダムの取水を停止
 

2月18日

 企業局が発見箇所付近3箇所の水質検査を実施(項目は土壌汚染対策法を参照(21項目)。水道原水として異常は確認されなかった)
 

3月23日

 県河川課が土壌調査の分析結果公表(分析を実施した項目すべてにおいて基準値を下回っており、異常は確認されなかった。)

 

3月31日

 沖縄防衛局が土壌調査の分析結果公表(分析結果については、すべて基準値を下回っており、異常は確認されなかった。)
 

4月4日

 企業局が発見箇所付近3箇所の水質検査を実施(項目は水質基準項目(原水に係る39項目)、PCB、ダイオキシン類。水道原水として、分析を実施した項目全てにおいて、異常は確認されなかった。)
 

5月25日

 県河川課が安全確認の結果公表(ダムの安全に支障はない。)

沖縄県企業局の方針

  発見された不発弾等については5月19日までに回収され、ダムの安全に支障はないとの結果が示されたことから、水質検査を実施する。(項目は水質基準項目(原水に係る39項目)、PCB、ダイオキシン類)
 分析を実施した項目全てにおいて、水道原水として異常がないことを確認した上で、取水を再開する。

 
お問い合わせ
配水管理課(配水班)
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
TEL: 098-866-2810
FAX: 098-866-2811
お問い合わせフォームへ
Adobe Readerをダウンロードする

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ